image



鳥羽のソウルフード、

っつっても伊勢の人でも一度はお世話になってるはずの片岡屋のたこ焼き


久しぶりに食べたらやっぱりBuono!すぎました


トロピカーナやブルーパブリックの立派なステージを作ってくれてる


KATAOKAの響の実家なんです



大将ともたまに話させてもらいますが、


キャベツの乾燥方法ひとつをとっても


こだわり方が半端なかった記憶がありけり



どの業界でも何十年もやってる職人さんって

こだわりってゆーよりも、執念に近いものを感じる



それがパフォーマンスじゃなく、

誰も見えないところでやってたりすると、

そりゃまー粋なもんです。


そーゆー部分が長年にわたって続けられる秘訣の一つなんでしょうね!



うちの18番のたこ焼きも、師匠のモリッシーさんが大阪に3店舗修行に行ったところからやと約4年?

それでやっと知る人ぞ知る。って感じになってきましたが、

いつまでも地元の人から愛されるメニューであり続ける努力を惜しまず。ですね!




あ、


今週末11日に控えた100人だけの小さなタビコン、


プチ旅のメンズが3〜5名程少ないみたいですです。


海やで。


肉やで。



希望の方がいましたら、こしゃっと連絡くださーい!

image




COHAKUでした!