遅くなりましたが、ビーチハロウィン@tropicanaお疲れっした!

FullSizeRender

おもろかったレベル、振り切ってたんじゃないです?

毎日やって!って言われますw

が、私COHAKUが中心のイベントではなく

これからやってこうってゆう若手育成型パーティーメイクなんで

そんな連チャンですると全員死にますw



僕自体が人を教えたり人に伝えたりするのが超苦手系人間で

明確な意図もなく、頭の中のイメージの中で白目むきながらディレクションしてる感じなので

学びにきてるオーガナイザー本人たちとゆうか本人からすると

今回だけに限らずほんと毎回ワケ分からんと思います。


あ、もちろん

音を切らさずー!

とか

タイムキープしっかりー!

とかの

初歩的なことは言いますけどw

ただそんなん1年もしてたら誰でも分かることなので

イベント中の自分の頭の中にはほぼないですw


今回は制作広告期間がたったの7日間で

200〜250人くらいの小さなパーティでしたので

どのジャンルのどのグループにどこで遊んでもらってるか

これを全部把握しておくことを自分の中でのミッションにしました。


もちろん見張ってるんじゃないですよwww


この規模でビーチのような見通しのいいロケの場合

グループの配置の位置関係が楽しめる振り幅に相当影響するんですよね。

ノリが合いそうやから近く、ヤバそうやから離す。みたいな単純な話じゃなくてねw


でその配置すらほんの一部分の要素であって、

音が直接ドカンとくるところか、会話ができる程度か、

ラグジュアリーなライティングがある場所がナチュラル感がある場所か、

描いてるイメージを基にに色んな感覚を張り巡らせて

その関係性が音と光にフィットするとこうなるw

FullSizeRender

なぜか俺氏口光ってるゾwww


自分の中で企画を評価する時に

3つのポイントで測ってます。

言い方を変えると3つのポイントを落とさなかったら成功と思ってます。

で、その企画を作るときには

これまた3つのポイントに気をつけて作ってます。


合計この6つの点だけを掴んどくだけで

うち程度のレベルのイベントプロデュースはできますw

この6ポイントはさすがに教えられませんが

知りたい人は1年一緒にやってくださいw

それで分からんかったらセンスないのでヤメといた方がいい。


ってゆーくらいイージーなものです。僕程度の人間でやれるくらいなんで。

方程式が無さ気なこの業界ですが、イメージングの方程式みたいなのはあって

その方程式にハメられれば誰でもできるはずすよ。


ただ、その方程式のビルドアップには実働とか実務が伴うわけで

推進力、推し進むパワーがないと、絵に描いた餅で終わっちゃいます。

ソコってそのオーガナイザーなりイベンターの持つVIBESやったり

人間性であったり日頃の付き合いであったりが影響してきます。


ほら、普段から世話してくれる人間のイベントに顔を出さんわけにはいかないですし

時にはお手伝いを〜なんてこともありますし、

SNSでのシェア協力ひとつをとってもそうですよね。


こんな感じでその時にどんな人間がどんな内容の企画をやってるのかっつー根本的なポイントがマストになってきます。


よく他のイベンターさんから言われるんです。

時間がタイトすぎるって。


そりゃあ確かに急すぎるのでいつも迷惑かけまくってますほんとすんません。


けどね、若手育成の観点からだけ見れば

このキャスティングとロケーションで、その方程式が適用されてて二ヶ月かければ

スジが良かろうが悪かろうが誰でも成功してしまうっつーの。

俺だけじゃなく今全国津々浦々でフェス級のイベント企画やってる奴らは

そんな甘い道通ってきてねぇよーって話です。


IMG_1202
こちらスパイシークルーとの楽屋での一枚ですが

このスパイシーさんなんてめちゃくちゃストイックにやってきてはります。

その努力とか熱意っつったら半端ないっすよ。

どの世界でも同じやと思いますが、近道は自分の中にありますよね!

まだ僕が言えるような安い言葉でもないすけどw


しかし、この写真の僕目がいーっちゃってるwww


ちなみにこれ、お客さんを全員(中にはそうじゃない人もいたかもしれませんがほぼクリアレベルってことです)楽しませたなって感触があってからの乾杯ですからねもちろん。


一番ひどいパターン。ですが悲しいことに一番多いのは

身内居心地よさそう楽しそう、そうじゃない人おもんなさそうまたはいないw

前も言いましたが、フロアが楽しい雰囲気なら舞台裏はその分シビアな雰囲気流れてるのが基本やと思います。


ほら、カウンターのところで早い時間からベロベロになってるラッパー大概ヘタでしょw


客がまだ酔ってもてねえのに何お前気持ち良さそうにしてんだよ。ってイベンターめちゃくちゃいますもんw

その人は多分生まれつきお客さんなんやと思います。

ただ、何かしらのタイミングで

俺イベントやってっから〜。ってゆうのに憧れてしまったんですよきっと。

ミスってそうゆうイベントに行ってしまった時にやることは一つ

いい男かいい女を見つけることに専念しましょうw

そもそも客いませんけどね多分。。。


長々と話をしましたけどもちろん僕の主観的な話であって

本気でイベントプロデュースやったりブランディングで仕事をしていく人に向けてますので

そりゃーホームパーティとか感謝祭では身内だけで集まって楽しいのが一番ですし、

イベント成功の着地点は色々あります。それぞれに。

あくまでウチと同じ感じのスタンスをやっていきたいなーって思ってくれてる

変わりものの人のための記事ですので悪しからず!w


遅くなりましたが、今回もみなさんありがとうございました&おつかれさまでした。


ビーチシーズン終わり〜ジィさんのお葬式〜いただきフェス〜ハロウィンパーティからの発熱でしたw

風邪でご心配いただいておりますが、イベント終わりの瞬間に出るパーティーシックですのでご安心くださいw

そしてこれからもご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


COHAKUでした♪